自費出版を選ぶメリットとは

admin post on 1月 14th, 2014

自費出版を利用するメリットはどういった所にあるのでしょうか。まず、誰しもが本を作り著者になれる事ではないでしょうか。かつては、商業出版しか無かったように思います。何故ならば自費出版をしたとしても、なかなか収益に繋がらなかったからなのです。だから、何処の出版社も自費出版と言えども本を出してくれる事はほとんどありませんでした。だけれども、最近では、そういった自費を出してくれるなら出版しても良いという会社が多くなったので本を出したいと思っている方にとっては渡りに船といえるのではないでしょうか。その費用的には、どれぐらいかかるのかと言うと、それは、本の種類や、部数によっても変わって来るでしょう。けして安くは無い金額になってしまうのですけれども、しかし、一生に一度の思い出を作りたいと思ったり、とにかく自分の本を出したいと思うのならばこういった方法もあるのかもしれません。

自費出版ならば自由があります

最近は自費出版をしている方が非常に増えたのではないでしょうか。とにかく自分だけの、オリジナルを書きたい、あくまでも自分の意志を全て反映した本を書きたいと思ったのならばこのような自費出版が一番向いているのかもしれません。何故ならば本当に自分の全てを反映しているような作品と言うのは、プロの中でもほんの一部と言っても良いかもしれません。何故ならばほとんどの出版社の場合ですと、その本は売らなければならないのです。だから、編集者から様々な注文が入って来るのです。もしかしたら自分のやり方や、書きたい事を捻じ曲げなければならないかもしれません。そうなると本当にオリジナルなのかとちょっと悩んでしまう方もおられるかもしれません。だけれども自費出版ならば、そういった事はありません。自分の自由に書く事が出来るのが魅力でしょう。

幻の自費出版のことです

昔一度だけ自費出版から出してみませんかといわれたことがあります。それは私がテレビが出演した経験を本に出して見ていろんな人に知ってもらうのもいいのではないでしょうか。との提案でした。しかし出すのは簡単なのですが費用が恐ろしいほど必要だったので一度相談しないと厳しいですね。でも間違えてもあとで修正してもらえるのでとりあえず思いをすべて書いてみてくださいといわれたのです。しかし文字数も相当あるので全部当てはまるのかどうか心配でしたしあくまでも夢の話として終了しました。費用面が厳しいことですね。実際私の所は三桁も必要だったね。まず揃えるのが大変でした。もしも出していたら今頃は凄いことになっていたと考えられます。生涯で一度しかないチャンスだったのですからね。次機会があったとしたら安くて素晴らしい所で挑戦してみたいです